アンチエイジング・スペシャル

若返りのためのアンチエイジング情報をご紹介!

シワや緩みを防ぐには正しい洗顔がカギになります

常日頃から、保湿ケアを入念に施していく事で、皴やタルミの無いお肌をキープすることができます。緩みや、シワの目立たない皮ふになるには、美容にいい食べ物を意識して毎日の献立にとり入れたり、しわ対策のための表情筋エクササイズをつづけることが有効です。

季節の変わり目によって近紫外線の強さは変わってきますが、四季を通じて常に紫外線対策をするのがエイジング対策に効果的だと言われるようになりました。紫外線で皮ふを焼く行為は、昔は焼きすぎなければある程度は身体に良いと言われていましたが、最近の傾向ではUVは皮ふを損ねてシミやしわの原因になるものと言われるようになりました。

UVにさらされた膚は皮下組織が破壊されて、皮ふを傷め、ガンや光老化を招くので、過度な日焼けは避けた方が良いといいます。膚にUVを受けると、それによってシミが起きたり、乾燥によって肌の水分が著しく失われます。

保湿ケアによって、皮ふから失われていく水分を肌に充分に補給することで、強烈な紫外線から受けたダメージを抑えることが可能です。オイルインクレンジングフォームを使用して顏を洗う時には、毛穴の汚れがスルッと浮き上がるように、皮ふの上に優しくクレンジングフォームの泡を乗せます。

化粧落としの後の洗顔も、よく泡立てた洗顔料を顏にそっと乗せ、擦らないように、泡を滑らせる様にお顔をなでながら洗い流していきます。30度程度のお湯で肌をゆすぐことも、洗顔時には非常に大事な点になります。熱い湯で顏を洗うと、膚のバリア機能を担う油分まで洗い落としてしまうので気を付けなければなりません。

洗顔が終わって、皮膚がちょっと濡れた状態のうちに一般肌用化粧水をたっぷり使用して肌に馴染むようにハンドプレスで浸透させた後に、UV乳液で潤いを逃がさないように蓋をします。

UVが原因で乾燥しやすい素肌でも、入念な洗顔と乾燥肌ケアを行う事で、膚に欠かせない水分を補う事が出来るのです。

   

 - アンチエイジング