アンチエイジング・スペシャル

若返りのためのアンチエイジング情報をご紹介!

小皺や弛みは年を重ねたことだけが引き金ではありません

肌の縮緬じわや弛みに警戒しつつも、未だ先のことだし、年取ったときに考えればいいと先行きを楽観視しているという方も多いようです。若いころから毎日のスキンケアをキチンとやっていくことによって、本格的な日光黒子やタルミ回避に繋げていくことが出来ます。

加齢の他にも、肌を老けさせる状況は幾つもあります。精神的なストレスや、強い陽の光の影響、皮膚の乾燥、肌に合わない美顔術等です。齢を取ってしまうことは止められませんが、定期的なお手入と心掛けひとつで皺や弛みのない綺麗な皮膚を保つことはだれにでも可能な事です。

一度できてしまったちりめんじわや緩みは、どのようなことが引き金でできたものなのかを知っていく事で、フェイスケアのやり方が変わってきます。

眼のまわりや、口元に出来るシワや、顔容の変化によってお肌にクセが付いてしまった表情ジワ、皮膚の水分保持機能が損なわれ引力に引かれてできるようになったたるみetcもあります。

細かく小さい皺が出来るところには、皮ふの保水対策が効果的です。表情皺に関しては、出来やすい部分に特に丁寧なケアを行うといいでしょう。水分キープ機能があるヒアルロン酸や、膚の艶を保持するコラーゲンetcは、歳と伴に少なくなりますが、ストレスホルモンや近紫外線の影響を受けやすい成分です。

眼輪筋のうごきがお肌の緩みに係わる場合は、表情筋エクササイズが解消法として用いられます。ところが角質層真皮層の衰えは再生がし難いとされ、二十歳代の内は充分に備わっていた保湿力、弾力性が低下し、その結果として重力にひっぱられて下垂して弛みになるのです。

栄養バランスの悪い食事を続けていたり、日の光をスポーツなどで浴びる事がとても多い人は、角質層の弾性が弱まって垂れ下がりやすくなるので早めの対策が必要です。

出かける時には、四季を問わずに紫外線対策を徹底し、ストレスを溜めこまないライフスタイルを心がける事がしわやたるみ阻止になります。

   

 - アンチエイジング