アンチエイジング・スペシャル

若返りのためのアンチエイジング情報をご紹介!

皺やタルミが出来る原因と対策ケアにはどういったものがあるのか

年を重ねても弾けるような膚でありたいと言う人は、そばかすやたるみを減らす為のメンテナンスが必要です。

鏡に映った自分の顔をあらためて見た時に、しわやタルミが前より増えているという事にふと気付くことがありませんか?若いころの顔だちと今を比べると、しみやタルミが増えた分だけ、老けて見られることが多くなったと感じる人もいます。

人前に出る際、目元や顔はまず真っ先に相手の目につく場所ですが、マブタが垂れ下がって、眼のまわりがくぼんでいると、年老いて見られるかもしれません。年齢よりも老いた顔だちに見える特徴として、フェイスラインが弛みの影響で膨張してみえる事があります。

実際の年齢より老けた印象に見られてしまう理由の1つに、目もとや口許に小皺ができることで、たるみが増す事にあるのです。強い日差しを長期間浴び続けたり、食事の内容が偏りがちの場合、皮ふの弾力が減ってしまう事がある訳です。

紫外線にお肌が晒されていくと、皮ふはダメージを受けて、ヒアルロン酸や水分量が皮下組織の中にとじ込めておけなくなり、乾燥状態になることによってハリが減少してしまいます。

頭頂部からお顔へとつながっている皮ふの血液の流れを廻りやすくする為に、表情筋のマッサージなどでリンパの流れを良くし、皮膚のコンディションを改善するといったやり方も効果的です。

目もと周辺や、口もと、前額部、眉間etc、一人ひとりの顔の作りでもしわが刻まれる所はそれぞれあります。骨格の成り立ちや、運動習慣、顏のくせ等によって、ほうれいせんに皴が現れたり、ちりめん皴になる場合もあります。

膚に刻まれた皺や弛みを目立たなくしていくには、日常的に感じるストレスを緩和する事や、なるべくバランスのとれた食習慣を心掛けていくこと、ダブル洗顔や美容対策をていねいにやっていくことが肝心です。

   

 - アンチエイジング