紫外線対策は十分過ぎるほどにが基本です

紫外線の対策と肌の老化について

しわやくすみの多い、老いがわかるお肌になりたくないなら、普段から紫外線対策をきちんとしておくことです。太陽光が弱い季節でも、紫外線の作用は肌に及ぼされていますので、紫外線対策をすることは普段から必須のことです。紫外線からお肌を守る際に特に配慮が必要な季節とは、春先から夏に向けてです。紫外線対策を行う時には、お肌にどのような性質があり、紫外線の作用はどういったものなのかを知っておくことです。紫外線予防については、キャンプやマリンレジャー、スポーツなど、まる一日外にいる日は、意識する人が少なくありません。一日のうちちょっとしか屋外で活動をする時間がない人は、紫外線対策をおろそかにすることもあります。一日じゅう家の中にいる日や、外に出る時間がごくわずかな時でも、紫外線対策はしておいたほうがお肌のためです。お肌にしみやしわがふえているのは、紫外線を受けた肌に対して、適切な対処をしていないからかもしれません。お肌を外界の刺激や乾燥から守り、お肌にある水分が出ていかないようにしているのは、皮膚の一番外側にある、皮脂膜や、角質層です。肌の最も外側にある防御層が、紫外線の作用で傷んでしまうと、皮膚は乾燥しやすくなったり、肌トラブルが起きやすくなったりします。実年齢以上にお肌が年をとって見えるようになる原因は、皮膚がダメージを受けたために、乾燥や肌荒れのせいでたるみやしわが増えるためてす。紫外線を浴びる時間を少なくすることや、UVカット加工が施されている帽子やサングラスを使ったり、日焼け止めクリームを肌に塗ることが、一般的な対策方法です。

      2016/09/12

 - アンチエイジング